ソニー生命の学資保険を徹底解説!

ソニー生命の学資保険を徹底解説!

オーダーメイドプランで高返礼率をゲット

常に人気上位をキープしているソニー生命の学資保険「学資保険スクエア」。

 

手軽な通販型の保険商品が増加する中、ソニー生命の学資保険は専属ライフプランナーとの面談が必須。
面談前にパンフレットすら取り寄せることができないという入口から高いハードルを設けているにもかかわらず人気があるんです。

 

その理由はオーダーメイドプラン。
専属ライフプランナーがユーザーの希望はもちろん、不安や悩みもしっかりと考慮したうえで好みの学資保険を設計してくれます。

 

だからこそ貯蓄性の高い優秀な学資保険となり、人気が高いんですね。

 

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

1.「学資保険スクエア」T型

中学校入学時と高校入学時に進学学資金を受け取れるプラン。
保険期間を20歳・22歳にした場合は満期学資金の前に大学入学時の進学学資金も受け取れます。

 

貯蓄性に特化しているため保障は保険料払込免除と払込保険料相当額が給付される死亡給付金のみです。

 

1-1.「T型」のしくみ
17歳or18歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」T型18歳満期のしくみ

20歳or22歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」T型20歳満期のしくみ

 

満期年齢が17歳、18歳、20歳、22歳と豊富なので、子どもの進路に合わせて選べるのがうれしいですね。

 

中学校入学時からある程度まとまった金額が給付されるので、中学校から私立校を考えている人におすすめ。
また、20歳や22歳満期の場合には短大や大学卒業後の留学などの資金にすることもできます。

 

1-2.基準学資金に対する支払割合

契約時に設定する基準学資金に対して下記の割合で進学学資金が支払われます。
中学校や高校の入学時の給付額を抑え、大学入学時に大きく受け取れるのがポイントです。

 

 

 

 

受取時期

12歳

15歳

17歳or18歳

20歳or22歳

支払割合

17歳or18歳満期

30%

30%

100%

20歳or22歳満期

30%

30%

100%

100%

 

1-3.「T型」加入年齢と契約者年齢

「T型」は進学学資金の給付開始が中学校入学時と早い設計なので、被保険者である子ども加入可能年齢も低め。
契約者年齢は男性が18歳から、女性が16歳から加入が可能で、被保険者の年齢によって上限が変動します。

 

ソニー生命「学資保険スクエア」T型 加入年齢と契約者年齢

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

1-4.「T型」サンプルプラン
17歳or18歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」T型18歳満期サンプルプラン

20歳or22歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」T型20歳満期サンプルプラン

 

ソニー生命の学資保険は返戻率が高いというイメージを持っている人は驚いてしまう返戻率でしょう。
やはり子どもの年齢が小さい頃からこまめに進学学資金を受け取るプランのため、あまり高い返戻率にはなりません。

 

但し、保険料の払込方法を半年払や年払にし、さらに10歳払込などの短期払込にすることで返戻率を上げることができます。

 

1-5.「T型」保険料と返戻率

黄色いラインの返戻率が上記サンプルプランでご紹介した返戻率です。
保険料の払込期間を年払、10歳払込済にすると赤字の返戻率となり、大幅にアップすることがわかりますね。

 

全期払で年払にするだけではインパクトのある返戻率アップは望めませんが、無理なプランニングをすれば保険契約が継続できなくなるのであくまでも家庭の収支状況にあった払込期間や方法を選択してくださいね。

 

18歳満期の場合
ソニー生命「学資保険スクエア」T型 保険料と返戻率

 

22歳満期の場合
ソニー生命「学資保険スクエア」T型 保険料と返戻率

 

1-6.「T型」詳細
満期年齢

17歳

18歳

20歳

22歳

加入年齢

0歳〜3歳

0歳〜3歳

0歳〜5歳

0歳〜5歳

出産前加入

出産予定日の140日前から加入可能

給付年齢

12歳/15歳

12歳/15歳

12歳/15歳/17or18歳

12歳/15歳/17or18歳

満期保険金

17歳

18歳

20歳

22歳

払込期間

10歳/15歳/17歳

10歳/15歳/18歳

10歳/15歳/18歳/20歳

10歳/15歳/18歳/22歳

契約者年齢

男性:18歳〜(被保険者年齢により上限変動)

女性:16歳〜(被保険者年齢により上限変動)

祝金据置

あり

払込免除制度

特約あり

育英年金

なし

死亡保障

払込保険料相当額の給付金あり

学資金支払日

支給年齢の誕生日以降、はじめての契約応当日

医療保障

なし

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

 

2.「学資保険スクエア U型」

「学資保険スクエア U型」は大学入学時に焦点を絞ったプランです。

 

17歳、18歳満期の場合は大学入学時に満期学資金として貯蓄した資金を一括で受け取ることができます。
大学在学中や卒業後にも資金が必要になりそうな場合は20歳、22歳満期を選択すれば、大学入学時に進学学資金、満期時に満期学資金を受け取ることができます。

 

2-1.「U型」のしくみ
17歳or18歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」U型 18歳満期のしくみ

 

20歳or22歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」U型 20歳満期のしくみ

 

全期払ももちろん可能ですが、保険料の支払いを大学入学前の10歳や15歳までに済ませてしまえば、教育資金の多くかかる大学に通う期間も安心できます。

 

大学卒業後に就職することを考えている場合には、20歳満期で十分でしょう。
20歳満期の場合、大学2年生前後に満期学資金を受け取ることになるため、授業料や一人暮らしの仕送りなどに活用できます。
大学入学時の進学学資金は、大学入学でかかる入学金をはじめとするまとまった支払いに、満期学資金はその後の授業料や就職活動の資金に充てることもできます。

 

2-2.「U型」基準学資金に対する支払割合

どの保険期間の場合でも進学学資金、満期学資金ともに基準学資金と同額の100%が支払われます。

 

 

受取時期

17歳or18歳

20歳or22歳

支払割合

17歳or18歳満期

100%

20歳or22歳満期

100%

100%

 

2-3.「U型」加入年齢と契約者年齢

「T型」と異なり、進学学資金や満期学資金の受取時期が遅いため、加入可能年齢の幅が広めになっています。
契約者年齢は「T型」と同じく男性18歳から、女性16歳からで、上限は被保険者である子どもの年齢によって変動します。

 

ソニー生命「学資保険スクエア」U型 加入年齢と契約者年齢

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

2-4.「U型」サンプルプラン

17歳or18歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」U型 18歳満期サンプルプラン

 

20歳or22歳満期

ソニー生命「学資保険スクエア」U型 20歳満期サンプルプラン

 

22歳満期の場合は10歳払込済、年払にした場合、学資保険の中でもトップクラスに近い116.2%の返戻率となります。

 

22歳満期の年払保険料を月額換算すると月21,512円になります。
元々貯蓄がある場合は貯蓄から支払うことが可能ですが、貯蓄が心もとない場合には毎月21,512円を金融機関の口座に貯蓄し、年払で支払うことも考えるとよいかもしれませんね。

 

2-5.「U型」保険料と返戻率

18歳満期の場合
ソニー生命「学資保険スクエア」U型 18歳満期保険料と返戻率

 

22歳満期の場合
ソニー生命「学資保険スクエア」U型 22歳満期保険料と返戻率

 

「U型」は満期学資金をまとめて受け取るタイプのため、「T型」と比較すると返戻率は高めになります。
月払でも110%近い返戻率となりますが、ここでもやはり10歳払込済や年払が大きな効果を発揮しますね。

 

2-6.「U型」詳細
満期年齢

17歳

18歳

20歳

22歳

加入年齢

0歳〜5歳

0歳〜5歳

0歳〜6歳

0歳〜7歳

出産前加入

出産予定日の140日前から加入可能

給付年齢

満期保険金のみ

17or18歳

17or18歳

満期保険金

17歳

18歳

20歳

22歳

払込期間

10歳/15歳/17歳

10歳/15歳/18歳

10歳/15歳/18歳/20歳

10歳/15歳/18歳/22歳

契約者年齢

男性:18歳〜(被保険者年齢により上限変動)

女性:16歳〜(被保険者年齢により上限変動)

祝金据置

あり

払込免除制度

特約あり

育英年金

なし

死亡保障

払込保険料相当額の給付金あり

学資金支払日

支給年齢の誕生日以降、はじめての契約応当日

医療保障

なし

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

 

3.「学資保険スクエア V型」

この「学資保険スクエア V型」は、返戻率が高いことで人気の学資保険でしたが、2015年5月2日の契約を持って販売停止をしていました。
これも厳しい金利情勢による措置だったようですが、2016年1月に復活したことでT型、U型とは全く違うタイプのプランニングができるようになりました。

 

3-1.「V型」のしくみ

ソニー生命「学資保険スクエア」V型のしくみ

 

大学入学から在学中にかけての4年間、毎年進学学資金を受け取ることができるプラン。
大学入学時の資金はもちろん、毎年の授業料などに充てることもできる需要の高い受け取り時期になっています。

 

3-2.基準学資金に対する支払割合

すべての進学学資金が均等に割り当てられているので計画が立てやすいですね。
但し、大学入学時に必要な資金を学資保険だけで賄おうとする場合は、基準学資金を高くしなければならないため保険料も高くなってしまいます。

 

大学入学時の資金として学資保険とは別に貯蓄をした方が安心ですね。

 

 

 

受取時期

18歳

19歳

20歳

21歳

22歳

支払割合

100%

100%

100%

100%

100%

3-3.「V型」加入年齢と契約者年齢

「V型」は満期までが長いこともあり、被保険者である子どもの加入年齢が高く設定されています。
契約者年齢は「T型」「U型」と変わらず男性18歳から、女性16歳からになり、子どもの年齢によって上限が変動します。

 

ソニー生命「学資保険スクエア」V型 加入年齢と契約者年齢

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

3-4.「V型」のサンプルプラン

ソニー生命「学資保険スクエア」V型 サンプルプラン

 

受取総額300万円に対して月額保険料が12,588円と手頃な掛金になっていますね。
この受取総額だと月額保険料が15,000円前後となる場合が多い中、さすがソニー生命という印象です。

 

3-5.保険料と返戻率

「学資保険スクエア」の中で最高の返戻率を誇るプラン「V型」。
この場合もT型、U型同様に年払、10歳払込済が強力で116.8%もの高返戻率になります。

 

最高の返戻率も魅力ですが、月払で18歳払込済を選択した場合でも返戻率が110%を超える安心感もうれしいですね。

 

ソニー生命「学資保険スクエア」V型 保険料と返戻率

 

3-6.「V型」詳細
満期年齢

22歳

加入年齢

0歳〜8歳

出産前加入

出産予定日の140日前から加入可能

給付年齢

18歳/19歳/20歳/21歳

満期共済金

22歳

払込期間

10歳/15歳/17歳/18歳

契約者年齢

男性:18歳〜(被保険者年齢により上限変動)

女性:16歳〜(被保険者年齢により上限変動)

祝金据置

あり

払込免除制度

特約あり

育英年金

なし

死亡保障

払込保険料相当額の給付金あり

学資金支払日

支給年齢の誕生日以降、はじめての契約応当日

医療保障

なし

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談

 

4.進学学資金の受け取り時期に注意

ソニー生命の「学資保険スクエア」は、進学学資金の受け取り時期を「各支払年齢に達した直後の契約応当日」としています。
大学入学時の進学学資金であれば、18歳に達した直後の契約応当日ということになります。

 

そのため子どもの生まれ月によって大幅に受取時期が変わり、満期年齢の選択を間違えてしまうと各学校の入学時期に進学学資金を受け取ることができない場合も出てきます。

 

でも安心してくださいね。
そのようなことが起きないようにソニー生命では、受取年齢を17歳、18歳から選択できるようになっています。
また、万が一自分で気づくことができなくても専属ライフプランナーがきちんと説明してくれることでしょう。

 

4-1.18歳 進学学資金支払時期

ソニー生命「学資保険スクエア」18歳満期学資年金支払開始時期
ソニー生命「学資保険スクエア」18歳満期学資年金支払開始時期

 

4-2.17歳 進学学資金支払時期

ソニー生命「学資保険スクエア」17歳満期学資年金支払開始時期
ソニー生命「学資保険スクエア」17歳満期学資年金支払開始時期

 

5.ソニー生命の「学資保険スクエア」をこう考える

ソニー生命の「学資保険スクエア」は常に返戻率トップクラスに位置し、口コミでも大変人気の高い学資保険でしたが、2013年4月の保険料改定で返礼率が下がってしまいました。

 

とはいえ、未だ最大返戻率116.8%を打ち出す「学資保険スクエア」は非常に魅力が高いですね。
貯蓄型学資保険を検討している人には検討リストから外せない学資保険となるでしょう。

 

その反面、人によっては詳細を知ることなく嫌煙してしまうこともあります。
それが、専属ライフプランナーとの面談。

 

冒頭にも書いた通り、ソニー生命の学資保険を契約するには必ず専属ライフプランナーとの面談をしなければなりません。
これは学資保険に限らずソニー生命が提供するすべての保険において必要とされています。

 

専属ライフプランナーは、一人ひとりとしっかり対面で面談を行い、加入の際の希望や不安をヒアリングし、それぞれに合ったプラン設計をします。
この面談、実は経験者にはとても好評で、ソニー生命の学資保険に加入する決め手になったと言う人も多くいるんです。

 

1つの型にこだわらず、希望によっては複数の型を複合したプランを提案してくれることもあります。
さまざまな相談ができ、自分に合った納得のプランに出会えるという利点はありますが、わざわざ人と直接会わなければ契約できない点は人によって大きなハードルになるでしょう。

 


⇒ソニー生命「学資保険スクエア」は保険のビュッフェに相談